大阪、兵庫、京都、奈良| 遺品整理の

遺品整理のセントワークスサービス遺品処理ではなく整理家の事なら何でもよくある質問お客様の声

死体があった部屋から見えること(特殊清掃番外編)

ゴミ屋敷

『マルトク』それは、腐乱臭の漂う部屋やゴミ屋敷を意味します・・・。

  お客様はマンションのエントランスで、私達が到着するのを待っておられました。
年のころは二十代の後半でしょうか、大変綺麗な女性です。
挨拶をしながらお客様に近づいて行くと『ツン』とキツメの香水の香りがします。

お話を伺ってみると、妹に部屋を貸していたら『ゴミ屋敷』にされたそうです。
足の踏み場もないので、エントランスで話を聞くことになったようです。
私は鍵をお借りし、見積もりの為に指定された部屋の前にやって着ました。
『カチャ』と扉を開けたとき、『ツン』と部屋の中から香水の香りが流れてきました。

中に入ってみるとローカには衣類や雑誌、ゴミ袋が散乱しています・・・。
もちろん、ローカが見えなくなる程の量です。
私の膝下ぐらいでしょう・・。
私は持参したスリッパに履き替え、ゴミの上を歩き、入ってスグ右側の部屋の扉を開けました。
そこはまさにゴミ収集部屋・・・。
マンションなどのゴミ収集場の方が、はるかにマシです。
強烈な生ゴミの悪臭・・・。
部屋の奥は全く何も見えません。
それどころか部屋に一歩も入ることが出来ないゴミの量です。
私の肩よりも高く、部屋の奥から溜まっているようです・・・。
私の目の前には、カップメンの容器、弁当の容器、生ゴミが入っているであろうスーパーのビニール袋。
それらの下には幾十にも重なっている衣類や雑誌、ヌイグルミ、黒や青のゴミ袋・・・。

私は扉を閉め、左側の部屋を見ることにしました。
しかし、ローカにあるゴミが邪魔で扉を開けれません。
しかたなく溜まったゴミ類を手前に山積みにすることにしました。
再び元に戻さなければ、私は家から出ることが出来ません。
扉が開くスペースが出来たので早速開けてみると・・・。

「ハー、同じやん。」 

思わずため息が出てしまいました。
先程の部屋と全く同じ状況です・・・。

私は部屋の扉を閉め、突き当たりのリビングに通じるであろうドアを開けました。

『ツン』

とする香水の香りが、きつくなっています。
LDKの部屋のようです。リビングには、布団が引かれています。
その周りは、雑誌、衣類、空き缶、ペットボトルが散乱しています。

しかし、この場所が唯一の生活スペースのようです。
ゆったりと? 布団に寝そぼりTVがみれます。
その左側にあるパソコンにも、手が届きます。
ダイニングにはテーブルが置かれています。
その上に、衣類が積み重なっています。
4脚の椅子は、ショーツ、靴下、ブラジャー、タオル類に分かれています。まるで、椅子の整理ダンスのようです。
キッチンを見てみました
・・・これが意外と綺麗だったのです!
普段から料理をしないからでしょう。
油汚れなど一切、ありません。ただ、フローリングは染みだらけの状態です。
念の為にベランダを覗くと、案の定ゴミの山・・・。
手すりにまで届く、ゴミ袋と何故か、カーペット・・・。
変色し、あきらかに『何か』が住みついていそうです・・・。

 トイレの中も確認してみました。便器の外側は、かなり黄ばんでいます。内側は全体にどす黒くなり、尿石がこびり付いています。
まるで、歯の裏側の歯垢のように・・・。

脱衣場に行き、風呂場の扉を開けたときです。
大きなゴキブリが、私をめがけて飛んで来たのです・・・。
とっさに顔を避け振り向いて見ると、ゴキブリはローカを『カサカサ』と逃げ、散乱しているゴミの中へと消えてしまいました。
私は風呂場を一瞥し、直ぐに扉をしめました。
・・・弁当の食べ残しが容器とともに大量にあらわれました。
後、ラーメンの食べ残し・・・、使用済みの生理用品、腐った亀・・・。
悪臭がいっぺんに脱衣所に充満しています・・・。

全ての部屋の確認が終わり、玄関を遮断しているゴミを崩して私は部屋を後にしました。
エントランスでは、不安そうな顔をしてお客様が待っていました。

お待たせしましたと声を掛けると、上目使いにかよわい声で「どうでしょう・・・。」と、思わずその仕草にドッキリしてしまいました。

お客様は恥ずかしさで、今にも泣き出しそうです。
私は『ゴミ』という言葉を使わず『不用物』の撤去作業として話をきりだしました。

「ローカの両サイドの部屋で、置いておく物は何がありますか?それとも床の『不用物』のみ撤去されますか?」

淡々と話す口調に安心され、泣き出しそうな顔が少し解消されていきます。
実際、この2つの部屋の奥は、全く何があるのか見えなかったのですから・・・。

「大丈夫ですよ、なれていますので。何でも、おっしゃってください。」

と言うと、『ほっと』された様子になり、置いておく物のが何かを順番に話されていきます。
  結果、両サイドの部屋とローカ、風呂、トイレ、ベランダの物の、全て撤去。リビングやダイニング、キッチンの『不用物』の撤去が初日の作業となりました。作業は、2日後です。

作業当日お客様は、やはりエントランスで待たれていました。
鍵をお借りするためにお客様の近くに寄ると、『ツン』と香水の香りがします。 
  大体の作業終了時刻を伝え、終了30分前にご連絡させていただくことにしました。人員は5名です。早速、部屋の扉を開けると『不用物』の山から香水の匂いがします。

まずローカの『不用物』を片付け、撤去しなければ左右の部屋に入れません。
私がローカを片付けているうちに、2人がリビングを片付けます。
残り2人が運び出しです。

衣類や布物は90ℓのビニールに入れ、残りのものはダンボールに梱包していきます。
きっちりと箱詰めにしてから運び出すので、近隣からは『ゴミ屋敷』の搬出をしているとはわかりません。
15分程でローカの『不用物』の梱包が終わり、2人に運び出しを任せて、私は右側の部屋の片付けに取り掛かります。
左側の部屋はリビングから戻ってきた『A』が担当します。
生ゴミの悪臭の中、私と『A』は黙々と梱包作業し、それを2人が運び出しをしていきます。
20分程経った頃、1人リビングで片付けをしていた『H』が私の所に『ある物』を見せに来ました。
・・・それは、無茶苦茶デカイ、バイブレーターです。40cmはあるでしょう。この仕事をしていると、たまにピンクローターや『標準的な?バイブレーター』などを見かけますが・・・。 ここまでデカイのは初めて見ました・・・。

『使える』のか・・・。

おもわず作業の手を止めてしまいました。

気持ちを切り替え作業をしていると、ようやく部屋の中に入り込むことが出来てきました。
足元に絨毯が見えはじめてくると、小銭が散らばっています。
1円玉、5円玉、10円玉がほとんどですが、たまに50円、100円玉が雑誌や衣類の下から出てきます・・・。

何故だか分りませんが『ゴミ部屋』を作る家屋からは、かなりの確立で大量の小銭がいつも出てきます・・・。
私は小銭を拾っては、弁当の空き容器に入れていきました。
多分、左の部屋を片付けている『A』も同じことをしているでしょう。
作業は黙々と続きます・・・。
汚れたパンダのぬいぐるみを拾い上げてみると、その下から数枚の写真が出てきました。
旅行にでも行っているのでしょう、男女が楽しげに写っています。
・・・『やっぱりかぁ』とおもっていると、リビングで作業をしていた『H』がアルバムを持ってきました。
  それは、ご依頼者である美人のお客様が、ほとんど写っているアルバムでした・・・。
妹が部屋を汚したのではなく、ご自身のお宅だったのです・・・。
あの『ツン』とする香水の香りでわかっていたのですが、『証拠』が見つかり確信となりました。・・・

『えっ、あのバイブも?』

▲ページトップ


SENT WORKS